最新の記事
ワークショップ・講師

【講師】凡人社オンライン日本語サロン研修会「コーチング×日本語教師」

2月26日(日)、著書「日本語教師のためのはじめてのコーチング」の宣伝を兼ねて、世界の日本語に貢献する凡人社さんのオンラインセミナーに登壇しました。後で聞いたところ、250名の募集に330名の応募があったとのこと。無料のオンラインイベントにしては最後まで離脱せずに参加した方が非常に多かったとのことで、とても嬉しいです。

Part 1 コーチング基礎講座

「今、なぜコーチングなのか?」からスタートして、コーチングの基礎的な話をしました。Part1の内容は以下のとおりです。40分くらいの講義のあと、チャットに気づいたことを書き込みしてもらいました。

  • なぜコーチングが必要?「いつでもどこでも勉強はできるんだけど・・・」
  • コーチングって何ですか?
  • コーチングの心構え「答えは相手自身の中にある」
  • コーチングの特徴「双方向・継続性・個別性」
  • コーチングセッションは何をするの?
  • コーチングの対話はどんなことをするの?
  • コーチングの対話で大切なこと

Part2 実践のシェア〜失敗から学ぼう!

後半は吉田のコーチングを用いたプライベートレッスンの模様を共有しました。上手くいった事例より失敗談のほうが役に立つのではないかと思い、学習者のレベルごとに4つの事例を話しました。失敗の話は他の人の失敗を防ぐ効果がありますね。4つの事例では吉田が個人レッスンで「噛み合わないな、どうしたものだろう?」と感じながら試行錯誤した経験を話しました。学習者に「ペースが遅すぎる」「これは今は必要ない」「最低限の勉強時間で試験に合格したいんだ」と言われ、ショックを受けつつも話し合いながら何とか持ち直した話です。

ここで「失敗談ならまだまだあるぞ!」「こんなことを話して役に立つならどんどん公開しよう」という気持ちになりました。今でもレッスン中に「これでいいのかな?」と違和感を覚えつつ進めていたり、迷走してしまうことがあります。そんなとき、コーチングの対話の仕方を知っていることが拠り所になっています。「どうも学習者は今のレッスンに満足していないというのは感じるのだけれど、どうすれば・・・?」と自分が悩みはじめたら、コーチングの基本に立ち返ります。「答えは相手自身の中にある」、違和感を覚えたら学習者に伝えて話し合う、これは意外と勇気のいることです。


ABOUT ME
吉田 有美
キャリアカウンセラー&傾聴を中心とするコーチングを行う。日本語学習者へのプライベートレッスンも提供中。著書「日本語教師のための はじめてのコーチング」、企業・日本語ボランティア向けアクティブ・リスニング(傾聴)の講師としても活躍中。
関連記事
test4 ワークショップ・講師

【考え】オンラインと対面、どちらがいい?

2023年11月22日
吉田有美(よしだゆみ)傾聴コーチング・キャリアカウンセラー・日本語コーチ
今年(2023年)になってから、対面の講座の依頼が増えた。講師の仕事の8〜9割くらいは対面である。コロナ期間はオンライン全盛だったから、対面を待ち望んでいた人も多いだろう。ある講 …
ワークショップ・講師

【ゲストスピーカー】早稲田大学「日本語学習者を支援する」

2021年6月2日
吉田有美(よしだゆみ)傾聴コーチング・キャリアカウンセラー・日本語コーチ
2021年5月11日に早稲田大学で「日本語学習者を支援する」(担当木下直子先生)というクラスでゲストスピーカーとしてコーチングの話をさせて …